BBS添牛内Web同窓会

ふる里を こよなく愛する 添牛内小中学校卒「同窓生」を中心に 井戸端会議的色彩の掲示板です 懐かしい添牛内の思い出や 近況 四季折々の写真等々 自由に書き込み下さい



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


219件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[682] Re: 写真:添牛内らしく素敵です。

投稿者: 紫泥戻郎 投稿日:2020年 5月22日(金)13時26分9秒 125x103x155x113.ap125.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用 > No.681[元記事へ]

isao-41(銅)様

 埼玉ご在住の従兄弟様に木村慎吾についてお話しされたとのことですね。ありがとうございます。
 直接のご記憶をお持ちの方から「留萌から来たバンカラ」といったリアルな印象を伺うことができるとは思いませんでした。この上ないことです。従兄弟様にも御礼申し上げたいと存じます。

 私自身は、幌加内町、添牛内については、直接のかかわりはございません。
 間接的なかかわりにつきましては、木村慎吾を介してのもの以外にもなくはないようです。といっても、ほとんどこじつけのようなものですが。
 1997年から2011年にかけて幌加内町国民健康保険病院へ佐賀医科大学(現佐賀大学)から赴任した医師達には私の先輩や後輩の名前がかなり見受けられます。
 また、私の酒飲み友達である同級生は、かつて帯広市の北斗病院の脳神経外科に勤務し、現理事長の鎌田一先生の薫陶を受けたそうです。鎌田一先生のことを「人間のスケールの大きな人物です。凄い人です。」と語っております。その鎌田一先生がなんと木村慎吾がお世話になった添牛内小学校ご出身だということをisao-41(銅)様のブログで知りました。

 そんなこんなで、直接のかかわりがないのに、一人で勝手に幌加内町、添牛内に愛着を覚えているというわけでございます。
 蕎麦屋さんで蕎麦をいただくときに「本日の蕎麦は○○○産です」などとよくお店の方が産地を披露されますが、それが幌加内だったときは妙に嬉しくなってしまう、という程度の他愛のないことですが(笑)。




[681] 写真:添牛内らしく素敵です。

投稿者: isao-41(銅) 投稿日:2020年 5月17日(日)05時57分15秒 101102228034.cidr.jtidc.jp  通報   返信・引用

紫泥戻郎さま

返信が遅れ申し訳ありません。
自分の作ったBBSですが、2年間のブランクで管理者操作がままならぬ状況に至っております(涙)

そうでしたか、旭川方面に出張の折、木村先生の足跡を辿り、何度か添牛内に足を運んでいただいたとの事、合点がいきました。
2003年3月訪問時の写真、雪に埋もれた二ノ宮尊徳像、添牛内らしく素敵です。木村先生が赴任した当時は、まだまだ積雪が凄かったと思います。
当時の国道は除雪する事はなく、雪が踏み固められ、家屋の軒先の高さ位になっていたと想像がつきます。
(私の時代でも同様でしたので・・・)

先日、木村慎吾先生が担任されたクラスの一学年下で、埼玉在住の従兄弟に木村先生につて尋ねてみました。
直接授業を受けたことは無いようでしたが、留萌から来られたバンカラな先生との印象が強いと話して居りました。



[679] (無題)

投稿者: 紫泥戻郎 投稿日:2020年 5月 3日(日)14時14分47秒 KD111239168127.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

2003(平成15)年3月 添牛内小学校



[678] Re: 添付写真の御礼!

投稿者: 紫泥戻郎 投稿日:2020年 5月 3日(日)14時06分34秒 KD111239168127.au-net.ne.jp  通報   返信・引用 > No.677[元記事へ]

isao-41(銅)様、

木村慎吾の遺稿集を掲載していただいておりますことに感謝いたします。
手作業で書き起こしていらっしゃるようにお見受けします。大変な作業を賜り恐縮です。私がお送りした写しがOCRの使用に耐えないものだったのかと推察されます。申し訳ございません。

私は平成10年台の数年間、仕事で1週間から数週間という単位でしばしば旭川市に滞在しました。滞在中の休日に、遺稿集を片手に木村慎吾の足跡を辿る小旅行をしてみたことが幾度かあった、というのが経緯です。木村慎吾は、自分にとって、そういうことをしてみたくなるくらいの、幼少時からの「憧れのおじさん」でした。

この写真は2003(平成15)年3月に、歳桃先生、大崎栄子さんの碑があるはずの場所を再訪したときのものです。雪で全く視認できませんでした(笑)。



[677] 添付写真の御礼!

投稿者: isao-41(銅) 投稿日:2020年 5月 3日(日)01時56分47秒 KD111106160221.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

紫泥戻郎さま
貴重なお写真、ありがとうございます。
木村慎吾先生の遺稿集をブログに編集させて頂きながら、先生の抱いていた児童達への郷愁に胸を打たれました。
木村慎吾先生が赴任された昭和12年頃の添牛内は、農業や林業、深名線や雨竜ダム工事等で人口増加、お店も沢山あり、活気があった時代でしたが、訪れて頂いた平成13年頃は、過疎化が進み、様変わりをした添牛内であったと思います。でも、時代が変われど、開拓当時から培われた逞しい精神と添牛内独自の優しさは、先生の過ごされた時も、今も、変わっていないと思って居ます。
歳桃多吉先生の殉職について、改めて調べてみます。




[675] (無題)

投稿者: 紫泥戻郎 投稿日:2020年 5月 2日(土)09時20分5秒 101.110.54.240  通報   返信・引用

失礼します。
木村慎吾の足跡を辿るべく私が初めて添牛内にお邪魔したときの写真を添付いたします。
2001(平成13)年5月でした。



[672] Re: 忠彦さん

投稿者: 銅 功 投稿日:2020年 4月15日(水)20時02分26秒 KD111106160221.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.671[元記事へ]

> 忠彦さんの冥福を祈ります。
> 掲示板には海外からの投稿が出来ないとの表示が出たのでこちらから書き込みます。

吉田様
海外からの投稿禁止を解除しました。



[671] 忠彦さん

投稿者: カムシュペ 投稿日:2020年 4月13日(月)09時55分47秒 b1c1e739.virtua.com.br  通報   返信・引用

忠彦さんの冥福を祈ります。
掲示板には海外からの投稿が出来ないとの表示が出たのでこちらから書き込みます。



[669] カーニバル

投稿者: カムシュペ 投稿日:2019年 2月24日(日)21時25分20秒 bd04ef7f.virtua.com.br  通報   返信・引用

こちらは真夏で暑い日がつづいています。3月2日はカーニバルで皆一晩中サンバを道やスポーツセンターで踊ります。



[668] Re: チリ

投稿者: カムシュペ 投稿日:2018年11月 4日(日)11時46分1秒 badfc05a.virtua.com.br  通報   返信・引用 > No.667[元記事へ]

Doraneko-28さま
本当に南緯40度といえば稚内より北になりますが、春とはいえ草は枯れなくて木の葉も緑です。
不思議でした。桜が咲いていましたが山桜でしょうか?


レンタル掲示板
219件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.