teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. アナログ時計DXのサポート(6)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/257 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re:起動位置の復元

 投稿者:あおやま  投稿日:2017年12月14日(木)12時48分53秒
  通報 返信・引用
  > No.257[元記事へ]

あおやまと申します. 初めまして,ですが,アナログ時計DX はかなり前から活用させて頂いています. ありがとうございます.

実は私も複数モニタを利用していて,まったく同じ悩みに悩んでおります. HDMI や DP で接続されているモニタが,何故かスリープからの復元時にも前回状態に戻ってくれないことが多くて,しかも時計盤を透明化しマウス透過させ,CTRL押下キャンセルは利用せず,なので,いちいち設定画面を開いて設定を(一時的に)変更しないと元のウィンドウに戻す事も出来ない状態です.(CTRL キーは日本語入力時に多用する(昔からの ATOK ユーザならわかってもらえるはず)ので,これでキャンセルすると非常にやり難いです)

ということで,次のいずれかの対応をお願いすることは出来ませんでしょうか?

1.現状のウィンドウの位置をマルチディスプレイで扱える座標体系で保存・復元してもらう
2.タスクトレイで右クリックで出てくるメニューに,位置の移動を加えて頂く
 その際,透明化は一時的にキャンセル も出来るようにする
3.透明化キャンセルを,CTRL だけでなく,ALT とか SHFT+CTRL とかも選択可能にする
4.透明化一時キャンセル機能をタスクトレイの右クリックメニューに入れて頂く
 キャンセルの終了方法も必要か(トグルスイッチにするとか)
5.ウィンドウの位置復元ソフトで利用できるようなウィンドウクラス,タイトルをつけて頂く
 ← 「ウィンドウの位置合わせ」(http://neoblog.itniti.net/window-position-memory/)を利用させて頂いているのですが(ありがとうございます),現状これでうまく時計ウィンドウが扱えない状態の様です(クラス名は拾えるのですが,座標に戻っていかない)

色々言ってすみませんが,上記ご検討頂けると非常に助かります.
よろしくお願いいたします.




> 名無し 様
>
> 掲示板管理人の高橋まさはるです。
> 掲示板への返信が遅れて申しう訳ありません。
> 3点の要望に関しては出来るだけ時間を作りまして対応するようにいたします。
> マルチモニターに関しては私のPC環境がモニター1台のみなので対応には時間が掛かりそうです。
> 時間がかかるかもしれませんが宜しくお願い致します。
>
> > PCを再起動すると時計がメインモニタに起動してしまうので、前回終了したサブモニタの位置に起動する機能が欲しいです。
> > 時計のサイズもメインモニタ用に拡大されてしまうので前回終了時と同じサイズで起動出来ないでしょうか。
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/257 《前のページ | 次のページ》
/257